メリットとデメリットを理解して、 制度を有効活用するための方法

認知証になった親の不動産を売却するために、成年後見人を立てる方法について紹介しています。

意思確認ができない認知症の人が所有する不動産の売買は、正しい手順で取引をおこなわないと契約が無効になってしまう可能性がありますので注意してください。


【弁護士ドットコム】「認知症の不動産売買」には、「母(80歳・2年前に認知症を発症、父は2年前に死亡)が兄嫁と交わした不動産売買契約についてお尋ねします。

」といった相談が寄せられています。

処方薬は、病気を治したり、症状を軽くしたりするうえで大切なものです。


認知症の介護家族の多くがつまづく服薬管理。

中でも、「飲み忘れ」や「飲み過ぎ」は、特に多い悩みの種の一つです。

我が家は、1年近く試行錯誤した結果、9割方きちんと服用できるようになりました。

改善方法と服薬管理のコツをまとめました!

SMSのプレスリリース(2013年6月4日 15時01分)認知症患者の服薬管理が困難な行動 [薬の飲み忘れ][薬の飲みすぎ]が約80%!─服薬管理という視点から─認知症の人が安心して暮らすために|エーザイのアルツハイマー型、レビー小体型認知症治療薬「アリセプト」のサイトです。

アルツハイマー型、レビー小体型認知症の患者様とそのご家族を支え、コミュニケーションをサポートするツールも掲載しています。


服薬介助には認知症の特徴を知り、認知症の高齢者がどの程度の認知機能を保っているかを把握し対応することが重要です。

認知症が進行しても、認知症患者さんの残っている能力をできるだけ尊重して、できない部分をさりげなく支えてあげることが大切です。