調剤薬局とコンビニの数

コンビニの数と調剤薬局の数を調べてみるとどちらも50,000キロを超えているようだ。


どちらの店舗最近では父さんというか占めているところも増えている。


どこに行ってもコンビニもあれば調剤薬局もある。


調剤薬局に関しては時間になったら閉まるコンビニに関しては24時間開いている、こんなことならばコンビニと調剤薬局を合体してどちらも24時間営業にしていつでもどこでも処方箋買い物ができるところを作ればいいと思う。

調剤薬局に関しては一昔前までは度胸があれば誰でも成功したようだ。


そんな経営者たちが増えてきて頃を知らない経営者が出てきて早くも大手にM&Aをするパターンが増えてきている。


今高値で売れた調剤薬局はラッキーだろう。


【PR】
今話題の!陶輝の雫(とうきのしずく)の効果と口コミについて