切手を売りたいより素敵な商売はない

切手は買い取りに出せますが、大体のケース、切手料金から数パーセント引いて買い取ってもらう場合が多いです。


しかしながら、数ある切手の中には、コレクションとしての価値があるものが存在し、高い値段で売れることもあります。


あなたが売りたい切手の価値は多少は理解しておくことをお勧めします。

グリーティング切手というものがあります。

これは、人気のキャラクターが印刷してあるものや装飾がプリントされているような切手のことです。


形状についても一般の切手とは違い、いろいろなものがあります。

普通の郵便物もにぎやかになる演出の役割を果たしてくれるという効果も期待でき、コレクターズアイテムとしても価値があるものなので、非常に人気があるため、高額での買い取りの可能性もあるでしょう。

旧価格の切手が手元にあり、新しい価格の切手に換えてもらう時にはそれら二者の差額はもちろんですが、それに加え、別に手数料が必要です。


10円以上の珍しい切手であれば5円が、1枚当たりの手数料となり、10円未満の切手ならば、両者の合計を半分にした料金を手数料として支払うことになります。


新しく買う方が得をする場合もありますし、状況により、切手買い取り業者へ売った方がいいというケースもあります。

もしあなたがたくさんの切手のコレクションをお持ちなら自分で店頭に持っていく方法よりも、いわゆる「出張買取」という方法を使うことが、賢い買取のコツです。

近年、専門として珍しい切手買取を行う業者も出てきて、さかんに出張買取を行っている鑑定士も増えています。

出張買取のいい点は、わざわざ店まで行かなくてよくなり、時間をかけて丁寧に査定をしてもらえるということです。


大体の切手買取業者は、プレミア切手という呼び名の切手の買い取りも受け付けています。


プレミア切手とはどのようなものかというと明治から昭和の戦後あたりの時代の切手を指し、「見返り美人」であったり、「月に雁」というものであったりが著名です。


とてもレアなものなので10枚以上としてでなくバラであっても高価格での買い取りになる事も十分あり得ます。


切手を収集する人がいるという事を発行者側は重々承知しており、「切手」というもの自体にはそこまで発行費用が高いわけではないこともあり、何らかの記念にかこつけて切手の発行が行われることは多々あります。


その類の記念切手というのは高価買取されるケースもありますが記念切手ではあるけれどもさほど珍しいものではなかった場合、買取価格が高くなることはあまりないでしょう。


期待はせずに査定してもらってください。


記念日があった時に記念品という形で発売されたり、扱われる時期がいつなのかによって切手はそれ自体の流通する量もとても大きく上下します。

そうなることによって買取の金額もかなり上下しますので、少しでも高い値段で買い取ってもらうにはいつ珍しい切手を買取に出すかも大切なポイントです。


あなたが切手を売ろうとするとき、店頭での買取であれば、即日買い取ってくれるようなお店が多数存在しています。


郵送と比較すると手っ取り早く、しかも、即現金化が可能なので、急ぐ場合は大変有用です。

目の届くところで査定してもらえることも安心できます。

即日買い取ってもらう場合は本人の確認が出来る書類が必須ですから、運転免許証、健康保険証、パスポートなどは携帯しておきましょう。


切手を売却する時、店頭に持っていくやり方と、ネットを通して可能な方法というものもあるのです。


店頭に直接赴く場合、往復する時間や、待っている間の時間がかかってしまいますが長所として、行ったその日に買い取り成立となることがあげられます。

けれども、依頼する業者により買い取り金額はまちまちですから高い値段で取引したいのであればネットで調べてみた方がよろしいと思います。

梅雨時は特に心配なのはカビです。


今年はラッキーなことに目立った被害もなく掃除が終われそうだと思ったら、在りし日の父が整理していた切手シートやバラ切手、記念切手類も含め多種の切手アルバムの束を発見しました。


見た目では傷みはありませんが、この状態で自宅で保存していても劣化が心配です。


近々、買取に出してしまってもいい時期が来たと言えるのでしょうか。