まだある! 布団クリーニングを便利にする

私たちが引っ越しと宅配クリーニング業者を決める際、日本通運(日通)が誰でも「引っ越しは、日通」のテレビCMを思い出すくらいよく知られた存在になりました。

一般家庭向けの引っ越し業者やクリーニング店を調べたときどこも引越社、引越センターなどの名前だったという先入観がありました。

ですが、今は運送会社の多くが単身者も含めた家庭向け引っ越しサービスを扱うのが普通になりました。


おかげで選択肢は広がってきましたが、日通のように大手の会社だったら、引っ越しと宅配クリーニングサービスも充実しているでしょう。


引越しと宅配クリーニングをするときのコツとは、新居での間取りを考えて、荷造りをしていくということです。


段ボールに荷物や布団や洋服や布団や衣類を詰める時に、その荷物や布団や衣類をどの部屋へ置くのかを決めて、段ボールの表面にでも書いておくと新居へ着いてから余分な労力を省くことができます。


そして、手続きに必要なものは順に計画的にこなしていくと良いです。


引越しと宅配クリーニングの前日にしなければいけないこととして抜かせないのは、冷蔵庫の水を抜いておくことです。


水抜きに自信のない人は最低でも冷蔵庫のコンセントを抜いておくことがおすすめです。


簡単なことですが、中身は取り出してください。


それをやらないと、当日冷蔵庫が動かせない可能性もあります。


引越で部屋を明け渡すときに金銭面での問題が発生することがあります。

部屋を明け渡す際にどのような費用がかかるのか、弁償にいたる場合とはどのような場合かなど事前に調べてから部屋を借りるようにしっかりと確認しましょう。


また、請求されたけれども、納得がいかないときは、支払わなければいけないものではない費用が含まれているかもしれないので、大切なことは、正しい知識を身につけておくことです。

引越しの荷造りは、面倒で煩わしいものです。


片付けは慌てなくてもよいですが、準備は引っ越しと宅配クリーニングの当日までに完了していないといけません。


怠け者の自分は、いつから取り掛かろうかと考えるにもかかわらず、ついに切羽詰まってから慌てて準備を始めるタイプです。

賃貸の部屋から引っ越しと宅配クリーニングをする場合には、クリアしなければならない、退去時の立会いという、お部屋チェックが待っています。


管理会社から、担当者が来て、部屋のチェックを隅々まで行います。

これを済ませてやっと退去できる身となります。


ケースごとに多少違ってきますが、各種公共料金については、清算をすっかり終わらせているべきですし、部屋の鍵は、自分で作ったスペアも入れて、全て返却します。

今から10年ほど前に、この町で働き始めたのをきっかけにこのアパートへの引っ越しと宅配クリーニングを決めました。

3年くらい働いたところで、ここを離れて実家に帰る予定で、今の住まいへ住所を変更することはしませんでした。


そんな中でも、仕事は予想していたよりも楽しく、町も気に入って辞めるタイミングが見つからず、結婚の話も進んできました。


地方税はこちらの方が安いことにも気づき、今さらですが、住民票を動かしたいのです。

引越しが完了してから、ガスが使えるように手続き、説明を行わなければいけません。


でも、ガスはお風呂を筆頭に料理のために必需品なので、成しうる限り引越しと宅配クリーニング当日に済ませないと、新居でお風呂に入る事が無理になってきます。


冬は家のお風呂を使用できないときついので、余裕をもって申し込んでおいた方が適切かと思います。

先日、土日を使って引っ越しました。


引っ越しと宅配クリーニング作業が全て終わり、夕方、部屋の電気をつけて、「これからここで生活するんだ」とジワジワきました。


こんなこともめったにないのでちょっとぜいたくをしてピザの宅配、お寿司、そしてお気に入りのワインで引っ越しの無事完了を祝って乾杯しました。

新しい生活にわくわくしています。


私も転出した際に車の免許の住所変更をしました。


交換しないと、更新の手立てが円滑にできません。


住民票を移動させるのと同じく速やかに運転免許も変更しておいた方が後々が容易です。


失念せずに、行動しておきましょう。