切手相場初心者はこれだけは読んどけ!

毎年お年玉つき年賀はがきで年賀切手が当たるので、気がつくと意外に貯まっていました。


日頃から懸賞などではがきを使いますが、切手を使う用件はないので、年賀切手を持っていても使わないことに気がつきました。


不要な切手は金券ショップで換金できると知って、仕事がない日に、不要な珍しい切手を買取コーナーに持ちこみました。

運転免許証を見せ、書類にサインしましたが、郵便局ではがきに換えるよりはいいお金になったのでうまく不要品処分ができました。


通常だと切手を買い取ってもらう場合は、買い取ってもらいたい切手を鑑定士に直接持っていく、いわゆる「店頭買取」が一般的だったのですが、昨今は、買取のために出張や宅配に応じる業者も少なくありません。


買い取ってもらいたいような珍しい切手が多数あるとき、店先まで赴くのは面倒です。


それだけでなく、家から店が遠いという人は要する時間であったり交通費であったりを省くためにも買取の際、出張してきてくれたり、宅配を利用して買い取りしてくれたりという業者を使わない手はないと思います。


余った年賀はがきや、書き損じの葉書を郵便局で交換するときは、切手に交換するのがおすすめです。


金券ショップよりも、専門業者で売れるようにするためシート単位で引き換えることを意識して交換しましょう。


同じ切手でも、業?によって買取価格が異なることに注意してください。


複数の業者に見てもらい買い取りプライスが最高だったお店に買い取ってもらうことを心がけましょう。


実際に切手買取をして貰う時、注意しておかなければならないのは信じられないような悪徳業者が存在しているということです。

悪徳業者というものは、専門的な知識がないということに目を付けて、相場と比べて、ものすごく安価での買い取りを持ちかけてきます。

完全に見極めるのは困難なことだと思いますが、事前に、口コミも見ておいたら、取引を後悔するような悪徳業者に引っかかることを防ぐことが出来るでしょう。


周知の事実ですが、珍しい切手はあらかじめ、一般的に郵便物に使うような大きさにバラされて一枚ごとになってはいないのです。


初めはその様な珍しい切手が数枚まとまった、いわゆる「切手10枚以上」として印刷されます。


切手の買取の際は当然、切手シートになっている状態でも買取可能で、バラ切手での買い取りよりも高値での買取になりやすいです。


梅雨時は特に心配なのはカビです。

今年はラッキーなことに目立った被害もなく掃除が終われそうだと思ったら、父の生きていた時に集めていたバラの切手やシート切手、記念珍しい切手等、多種の切手アルバムの束を発見しました。


見た目は特に傷みは感じませんが、この状態でうちで保管し続けたとしても劣化が心配です。


近いうちに買取に出したとしても許してもらえるタイミングが来たのでしょうか。


切手を高く買い取ってもらいたければ、当たり前ですが、汚れておらず、きれいなものであるほどその分、高く売れます。


ですから、保管状態は良好に保ち、珍しい切手を取り出すときはピンセットを使うなど取扱いは丁寧に、保存コンディションは良好に保ちましょう。

日常的に保存の状態に気を配り汚れが付いたりしないようにすることが重要です。


お住まいに送られてきた郵便物に案外、希少価値の高い珍しい切手が使われていることがあります。


もしもそんな切手ならば、ぜひ買い取ってもらうことを勧めます。


たとえ消印が押してあっても問題はないですが、汚れていない未使用の珍しい切手に比べ安く売ることになります。

希少バリューの高い切手を持っているのなら、試しに買取してもらってみては?高価な切手が隠れているかもしれません。


買取の際に注意すべき事項、それは保存の状態というものが問われます。

切手を買い取ってもらう場合にもあてはまることで色が褪せていたり、破れている箇所があったりした時には、買取価格が安くなってしまいますよね。

希少価値のある切手では、「欲しい」というマニアも多く存在するかもしれないですよ。


関心がなければ適当な扱いになりやすいですが気を付けて取り扱いましょう。

実際に切手を売ろうという時、記念切手だったり、外国の切手だったりというような、珍しいものでないといけないというわけではありません。


一般の切手も買い取られており、かえってその他の切手以上のレートで扱われていることもあるくらいです。


中でも、額面が1000円、または、ごく普通に取り扱われている82円切手シートならば、仕事の場面で活躍します。


消費税が高額になった場合、普通に使う切手の額面の価格も変わってくるので、最新の普通切手であった方が、より高額に売ることが出来ます。