顔のシミなどは嫌ですね。シミを防止するためにすべきケアは・・

シミやソバカスなんて嫌いと思いますね。。

シミやソバカスをこれ以上大きくしないためになによりしておきたいケアは、肌に水分を与えることそれから日焼け対策です。

日焼けを避けるのは当然のことですが、肌が乾燥していると日に焼けやすく困る紫外線が肌の奥深くまで到達してしまいます。

日焼け止めを塗らないのは何を考えているの?と思いますね。

さらにこれまでにできているシミは紫外線の影響を受けやすいので、コンシーラーを塗ると酷くなるのを防止できます。


クマが目の下にでき、顔に陰ができると疲れたように明らかになり、加えて老けた印象に見えます。

クマのできる犯人とは血の巡りの悪さです。

血のめぐりが悪くなってしまうことで血が滞ってしまって目元に溜まってしまうのです。

その留まっている血液をさっと流すには血流を良くすることが欠かせないのです。

血流を改善するためには、優先させるべきはきちんと寝るということです。

殆ど毎日睡眠時間が充分ではない、という人でもひと月の内何回かはぐっすり眠れたという日がありますよね。

いっぱい眠れた日の表情と寝不足のときの表情を見喰らえるとわかるでしょう。

何よりも寝ることです。

そして、それからマッサージをしてみたりじっくり温めたり追加のケアをしていくといいですね。


美容法にはたくさんの手法が存在していますが、冷やした食事や飲み物全般においてあまり口にしない努力も美しい身体づくりには必要です。

ここ数年、夏場はへとへとになる暑さでキンキンに冷えた食事やジュースを摂りたくなるのは仕方ないことです。

だからといって、多く食べてしまうと内臓が本来の働きを怠るようになり、その結果胃腸などの機能が低下してしまい、血行不良が起こってしまいます。

そして、肌に吹き出物ができたり、それから、代謝が悪くなり太りやすくなるといった負のサイクルで美を維持するうえで良いことはないのです。

さらに血行不良まで状態が進むと最終的には体温を低下させ体の免疫も低下してしまいます。

そうなってしまうと最悪、風邪を引きやすくなるなど被害が出てくるのです。

水分摂取はとっても大切なことですが、キンキンに冷やした食べ物、飲み物などは避けて可能なら常温にしたものを摂るようにしましょう。

キンキンに冷やした食べ物とか飲み物を食べすぎたり、飲みすぎると厄介事が増えてしまう、と理解しておきましょう。


夜更かしが多ければ肌が荒れます。

疲れを感じたならば、睡眠が確保できなければ疲れが取れていない・回復しきれていないな~、と思いますし、いつもと同じようなような日常生活であったとしても睡眠時間の少ない状態が多いとなぜか疲労が抜けきっていない・回復できていない、と感じることがあると思います。

ちゃんと休息をとる、つまり睡眠をとらなければお肌も疲れるんです。

体と同じ、お肌だって細胞を修復するタイムが必要なのです。

夜10時から深夜2時までの時間というのはきっちり眠っておくことが、(おまけにこの間にレム睡眠つまり熟睡できている状態であるとベスト)美肌を維持することに直結します。

ただ、それぞれで生活のスタイルが異なってくるのでそうはいっても無理がある、という人もおられると思いますが、できる限り眠ることで綺麗な肌になれるよう励みましょう。


厳しい精神的な負担を与えられると体が冷えてしまうこととなるので、美容の側面から見てもストレスはかなり悪い影響を受けます。

ですから精神的な苦痛が蓄積されても、できるかぎりさっさと対策をとるよう癖をつけることで、寒さで冷えた身体や身体の調子の悪化を軽減することができます。

そうする方法として精神的な圧力を和らげるのにもすごく役に立つとも言われる深呼吸やヨガ、あるいはマインドフルネスなどは心を整える為にもだいぶ有効です。