わきがは遺伝ですが改善できます

子供のワキガの原因は遺伝とストレス?
子どもに限らずなんですが、すでに何度か触れているように、ワキガの原因は遺伝です。

そしてストレスや生活習慣がそれを強くします。


逆に言えばストレスを解消、生活習慣の改善でワキガを含む体臭を抑えることが出来ます。


遺伝してしまったワキガは、手術でもしない限り治るものではありませんが、臭いを抑えることは可能です。

そしてストレスや生活習慣からくる体臭なら改善の可能性は十分ありです。


遺伝による発症パターン
通常、遺伝でワキガが発症するパターンは思春期ごろと言われています。

具体的には男の子で11歳、女の子で9歳ぐらいです。


このころは第二次成長期ともいわれ体のホルモンバランスが大きく変化します。

そのためアポクリン腺が刺激され、臭いの原因になるんですね。


ストレスや生活習慣で体臭が強くなるパターン
思春期前からワキガのような臭いがする時は、ストレスや生活習慣が原因の場合が多いです。


ストレスを感じることや、生活習慣の乱れで体臭が強くなることもありますので、子どもの生活態度や精神状況をしっかり見極めることが大切です。


それらを改善しないままワキガが発症してしまう時期を迎えてしまうと、臭いがさらに強くなってしまう可能性が高いので小さい頃の臭いは特に注意が必要です。


臭い対策にはヌーラビオをすすめます。


子供のワキガ対策におすすめする商品って?