インプラントの人工歯根はチタンが多い

どうしても避けられない問題ですが、インプラント治療は高額になることを知っておいて下さいね。


保険適用の可能性もゼロではありませんが、一般的なケースではなく、ほとんど全て自費診療だというのが負担が大きくなる原因です。


安くできるケースで十数万円、困難な治療がふくまれると費用はその数倍に及ぶことを覚悟した上で始めなければなりません。


基本的に全て自費治療となるのが、インプラント治療の現状です。

費用面で、治療を躊躇する方もまだまだ多いのだそうです。

それでも、クレジットカードが使えるところや、たとえば、デンタルローンと呼ばれるような独自の分割払いを取り入れた歯科医院が増え、柔軟な対応が出来るようになっているのです。

手持ちの資金が十分でなくても、インプラント治療の開始は実現出来るようになりました。


歯科治療の新たな形として注目されているインプラント。

その人工歯には、セラミックが用いられることが最も一般的だといえます。


これは文字通り陶器でできた人工歯であり、自前の歯と遜色ない見た目を実現できるかどうかは、実際に義歯を作る歯科技工士の技術によるのだそうです。

熟練の技術に加え、審美性をもとめる芸術センスが必要不可欠です。


いわば一点一点がオーダーメイドですから、その分、インプラントの人工歯は、歯1本につき10万円以上といった高額の費用になるのだそうです。


どんな完璧なインプラント治療でも、治療後も快適な状態を維持するためにセルフケアを怠ってはなりません。


毎日、しっかりブラッシングすることでプラークコントロールに注意を払い、さらに異常がなくても、定期的に歯科医院で診察して貰うことが必須条件です。

インプラントは虫歯にならないとは言え、ケアが行き届かなくなるといずれ歯周炎などを引き起こすことになります。

失った歯を再生する治療は何種類(それぞれに違いがあるものです)もありますが、インプラント治療の問題点はもしも、失敗したとき、全く同じ治療をやり直すことはまず不可能という点です。


他の義歯、つまり入れ歯やブリッジ、クラウンとは異なり人工歯根とあごの骨は、周辺組織で完全に結びつかなくてはならないのでインプラントと骨の間に自前の組織が形成されず、インプラントの定着がみられなかった場合、再び手術を行っていったん削ったところをさらに深く掘ることになるのだそうです。

インプラントの埋入も、骨を削るので埋入部分周辺の神経損傷というリスクもあるのだそうです。


例外はありますが、インプラント治療はほとんど全額自己負担で、健康保険は適用されません。


医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。


医療費控除は職場の年末控除の対象ではなく、個人で確定申告をして税金の還付を申告します。

確定申告で医療費控除を受けたい場合、治療のたびにもらっている領収書が必ず要求されるのでもらったものはしっかり取っておいて暦年単位で、大切に保管しておきましょう。


歯茎を切り開いて、あごの骨に穴を開けるといえばどれだけ痛いだろうと心配になると思います。


インプラント埋入手術では、術中、耐えられないほどの痛みを感じることはまずありません。


局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから埋入手術を始めるためです。


麻酔が切れれば、処置の仕方によって痛みが出てくるケースもありますが、頓服の痛み止めが処方されるため痛みを我慢できないというケースはほとんどありません。

現在、インプラントの人工歯根はチタンが多くなっているのです。


金属の中では、骨との親和性が高い方で金属アレルギーも起こりにくい素材の一つです。


治療を始めるに当っては頭部CT、あご周辺のレントゲン、口腔内検査といった十分な検査を行ない、結果を検討した上で本格的な治療がスタートするので患者も納得し、安心して治療を開始できます。

それから、治療後には、メンテナンスを患者と歯科医が連携して進めていくことで、より快適に、長期間使えるようになるのだそうです。

歯科治療のインプラントとブリッジ、どこがちがうかといえば、インプラント治療では、歯茎を切り開き、あごの骨に穴を開け、インプラント体と呼ばれる人工歯根を埋め込み、その上に義歯をつけます。


それに対し、ブリッジ治療は、義歯を橋桁と考え、両隣の歯を一回り細く削り、その上から義歯のついたブリッジをかぶせるのだそうです。


口を開けたところを見たらインプラントとブリッジを比較して、インプラントの方が良いと言えます。


また、ブリッジ治療は、健康な歯を犠牲にしなければならないという覚悟もしなければなりません。


簡単にインプラントとクラウンの違いを述べるなら、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。


虫歯などが原因で、大きく歯を削った場合でも、歯根部を支えとしてのこすことができれば冠状の義歯としてクラウンという義歯をはめられます。


これに対し、抜歯した後は、入れ歯もありますが、歯根部の代用として、あごの骨に人工歯根を埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。

一般的な規模の歯科医院で、外来診療を受けたごく一般的なインプラント治療でも、どうしても院内感染のリスクは伴います。

このため、歯科医院を捜すときに感染症対策にどのように取り組んでいるか調べることがキーポイントの一つです。


院内感染防止は歯科医院でも重要な問題と認識されているため、方策についてサイト上で具体的に示している歯科医院も当たり前のようになっているのですから、まずはそこを見てください。


インプラントの特質として、安定した使用感が得られ、ガムを噛むときに余計な心配がいらないのはインプラントにして良かった点の一つです。

両隣の歯とつなげる形で人工歯を作ったのでなく、インプラントの根元はあごの骨に埋まっているので歯が取れるのではと心配する必要はありません。

インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強いものでもあります。

持ちろん、キシリトールガムも大丈夫です。

インプラント治療はどのような流れかというと、三つのハードルを越えなければなりません。


最初に人工歯根を、歯茎を切り開いてあごの骨を掘ったところに埋め込みます。

人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。


というプロセスをたどります。


人工物を骨に埋め込むのだそうですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、この間、2ヶ月から6ヶ月、じっくり待っていることが大切です。

義歯が完成して使えるようになるまで、治療を始めてからおおよそ3ヶ月から10ヶ月かかると押さえてください。

多くのメリットを知られるインプラント治療。

でも、マイナスの部分も理解しておきましょう。


まず、ほとんどの場合、他の歯科治療より費用がかかります。

治療の内容や、インプラントの材質によっては数十万円かかることもあり得ます。


加えて、治療が失敗して起こった問題は、相当深刻化する可能性があるリスクも背負っています。


障害が残るばかりか、死亡事故も実際に報告されています。

歯科医によっては、この患者にはインプラント治療を適用できないとして失敗の可能性が高いため、治療できないといわれることもあるのだそうです。

ですが、理由に挙げられたのが「骨の量が足りない」などや、「あごの骨の幅が足りない」ということならばまだあきらめなくて良いかもしれません。


最新設備を駆使して、腕のある歯科医が治療すればそれまでインプラントは適用されなかったケースも治療可能になっているのです。


現状での最先端治療が受けられるよう、できる範囲で捜すことが必要です。